Noble Barbarian

チラシの裏的駄文を書き連ねつつ ねっとりと名古屋グランパスエイトを応援するblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じようなサッカーを趣向する両チームの戦いとなったこの試合
内容は悪くないが結果に恵まれなかったグランパスにとって会心のゲームとなった{/face_en/}
審判の不可解な判定に救われた感はあるが、それを差し引いても十分評価に値する
前回のエントリーで長いボールを使えば、もうちょっと攻撃にアクセントがつくんじゃないか
と書いてみたら、この日の先制点は低い位置から出てきたロングパスに本田が反応し、大岩に倒されて貰ったPKだった。

グランパスの攻撃はいつも細かく丁寧に繋ぐポゼッション志向
それ自体は無論間違ってないが、こういったスペースを狙ったロングボールを時折織り交ぜれればもっと攻め手は広がってくるし、トップに楔が入った時に3人目の動きがあるともっと良い
後半にグランダーで前線に当てて、FWが落としたボールをすぐに藤田が前方のスペースにはたいて、そこに3列目からクライトンが飛び込んできてGKと一対一になりかかった良いシーンがあった
藤田はスペースを使うのも創るのもうまいので、2列目以降の飛び出しをもっと使っていったら面白そう

またクロスがあがってきた時にPA内に2人以上入ってくるシーンがこの試合は多くて、それも良い点として書いておきたい。
前半の中村が右サイドから上げたセンタリングを中山が二ア、ファーに藤田がはいってきて惜しいシュートがあった(ボレーをちょっと当て損ねた)、また本田とクライトンが入ってきてシュートまで持っていけた場面もあった。

再開後、試合を重ねる度に攻撃のバリエーションは増えてきている
後は点を獲る為の詰めの部分を練習で仕上げて行って欲しい{/cloud_face/}

守備も良かった
相手が一人少ないことで助けられたのは否めないが
終始安定していた。
キーマンの小笠原を中盤でしっかり捕まえて自由にさせなかったのが大きい。

この勝利を無駄にしない為にも次の新潟戦が重要になる
6月最後の2連戦、ここが踏ん張りどころだ

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://korosuke1121.blog26.fc2.com/tb.php/9-1a9a6be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。