Noble Barbarian

チラシの裏的駄文を書き連ねつつ ねっとりと名古屋グランパスエイトを応援するblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分に0-2で破れたと聞いた後
僕の第六感が「これは大変な事になるぞ」と警報を鳴らした

案の定、今日の中日スポーツを読むと
監督の進退を示唆するような言葉がクラブ責任者の口から漏れたらしい。

僕はネルシーニョの事を評価しているが
サッカーというスポーツの性質上、結果が出なければ監督が真っ先に責任を問われるのは致し方ない。

しかしだ
グランパスに関しては話が別。
今年の不振を全てネルシーニョに1人に押しつけて済ますというのは
古くからのファンならお分かりになるだろうが
過去の愚行をまた繰り返すのか
と抑えようのない怒りがふつふつとこみ上げてきた。

長年グランパスというクラブは結果がでない事の責任を監督になすりつけ
時には選手をスケープゴートする事(平野、大岩、望月事件)で問題の本質を問いただす事を一度もしなかった。


我慢ができなきゃ継続性もない。それがグランパスである。

現在優勝争いをしているガンバとアントラーズ。
両チームの監督は一体何年指揮をとっているのか

ガンバには宮本、山口、遠藤、二川、大黒、吉原、橋本と幹になる選手が長年いてチームを支えているのに対しグランパスはどうだ
毎年のようにスタメンが5人も6人も入れ替わり
5年前からグランパスにいる選手が5人にも満たない。

山本ジュビロが今年の始めにベテランから若手への切り替えを半ば強引に敢行し
一時勝ち点を伸ばせずに苦しんでいたが
選手が毎年入れ替わるグランパスも同じ悩みを毎シーズン繰り返しているようなものだ。

選手さえ補強すればチームが直ぐに強くなると思ったら大間違いだろう。
確かに能力の高い選手は1人でも多く欲しい。
しかし幾ら能力のあるプレーヤーでもチームに馴染み、コンビネーションを熟成するのには時間がかかる。
使い古された表現だが1+1が簡単には2にならないが
時間が経てば、それが3にも4にもなるのがサッカーじゃないか

何故そんな事が分からないのか
分かっていてもしてしまうのが名古屋気質なのか

今後仮にネルシーニョがグランパスを去ることになっても
ネルシーニョが作ってきた土台を継続してくれる指揮官を招聘しねければ
恐らく2年は今のレベルに辿り着ける事はないだろう。

今年も開幕前に守備の大黒柱である大森が負傷したり
ウェズレイ、マルケスといったチームの看板選手が諸事情の下チームを去り(ガンバで言えば大黒とアラウージョがいなくなったようなもんで、鹿島なら小笠原と本山か)

新たに藤田、ルイゾンが加わったりとチームの幹が揺れ続けた。

僕としては来年も現体制でレギュラークラスの選手も当然そのままで
層の薄いサイドバックを補強するくらいで望んで欲しい。というよりそうするべきだ
若手も伸びているし、今は出場機会に恵まれてない選手でも安易に切らずにチームに残しておいた方が賢明だ。きっと2年後、3年後にはクラブを支えてくれるはず。

直前にきて指揮を執らされた最初の半年はなかったものとしてネルシーニョ体制3年目の来年こそ花を咲かす時期であり
その為にも残りのJリーグ、天皇杯と
今までやってきた事を継続し、コンビネーションを高める事に使って欲しい。

いち名古屋ファンの切なる願い
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://korosuke1121.blog26.fc2.com/tb.php/5-ca990cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
練習したよ
トーマスがペットリンクを運んでくれました。
2005/09/23(金) 16:23:54 | あつしのブログ
眠いよ~Zzz (´~`)
ソラがペットリンクを運んでくれました。
2005/09/23(金) 16:26:19 | 雪華るぅむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。