Noble Barbarian

チラシの裏的駄文を書き連ねつつ ねっとりと名古屋グランパスエイトを応援するblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉村の意地の一発で一矢報いたが
試合そのものは前半で終わってしまった

今のグランパスに2点ビハインドをひっくり返せる力は間違いなくない

誰がルーカスを見るのかはっきりしない内に
立て続けにサイドからぶちこまれて万事休す

草サッカーかと思うくらい
誰もルーカスの動きを見ていない上
クロスそのものも易々とあげさす粘りの無さ

特に左SBの阿部。
左足のキックに非凡なモノを持ってるのは周知の事実だが
DFとして使うには一対一が弱すぎる。。。

2点とられた後に3バックにして
相手2トップを古賀と増川がみて、ルーカスに基本的に金がつき
大森が余ってカバーに入るという形にして
やや落ち着いた様子を見ると

お頭の弱いグランパスのDF陣には3バックがお似合いということか

FC東京もオールコートマンツーといったあまり合理的とはいえないサッカーをしているので、速くボールを動かせば
そこそこシュートまで持っていけそうなんだけど
パスの精度が低く
特にショートパスの成功率が信じられないくらい悪い

個人的にはボランチのパス能力に疑問を感じずにはいられない

元々グランパスにバックラインからのビルドアップの意識が相当低いので中盤の底でボールをさばける人間が必要不可欠(ネルシーニョもそう思ってクライトンをとったんじゃないだろうか?今思うと)


グランパスよりワンランク上の技術水準をもつFC東京の中盤にうまくボールをまわされながらも
段々冴えてきた本田の左足を起点に偶発的に作ったチャンスもウェズレイもマルケスもルイゾンもいない今のグランパスはことごとくフイにしてしまった

ベンチワークも鳴かず飛ばずで
何故かFWの控えが不在で藤田を終了5分前まで温存。
古賀を前線にあげてごり押しで何とか一点もぎ取ったが

もっと早く打つ手はなかったのだろうか


もはや今のグランパスは
どこかを修正すればよくなるとか
意識をかえれば改善できるとか

そういった次元ではなく
単純にレベルが低く
どんな名将がチームを率いようと勝てるようになるとは到底思えない

若手が育つ前に中堅をポンポン切って
外人すら排除した今の戦力では当然なのだが。。。

ここ数シーズンの中で
序盤戦でこれほどまでに失望させられてたことはなかった。。。

スポンサーサイト
テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://korosuke1121.blog26.fc2.com/tb.php/39-441f993c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[第10節]いつもの決定力不足で1-2敗戦!
行ってきましたよ味スタに。結果は、相変わらずの決定力不足で3連敗となってしまいました。[[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/79/f2/grampus_broadband/folder/137736/img_137736_33265521_0?1146401835)]]グランパスはパスミスのオンパレードそしてチャンスではず
2006/05/01(月) 16:53:54 | GRAMPUS BROADBAND (ぐらぶろ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。