Noble Barbarian

チラシの裏的駄文を書き連ねつつ ねっとりと名古屋グランパスエイトを応援するblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地で観戦してきた。
前回のエントリーで7月は厳しい戦いが続くだろうと書いたが
前半はそういう意味では想定内の内容だった。

前半なぜ悪かったか?
自分が思うに2点あったと思う。
1つは大宮が良かった。
3ラインが凄くコンパクトでプレッシャーのかけ方がうまかった。
ただこのサッカーは90分間絶対に持つ訳がないと思っていたので、そこまで怖くなかったけど・・・
もう一点は名古屋の中盤。
運動量が無さ過ぎた。特に1人の選手が酷くてね。。
こいつは後半は頭から下げなきゃダメだろうと思っていたら、案の定ベンチに退いた。

動きだしが少ないから、1人1人がボールを持つ時間が長くなって
プレッシャーをかけられボールを後ろに戻す。
最終ラインまでもどってきたボールだが、前線の連動性が皆無なので仕方なく縦に蹴って
相手ボールになってしまっていた。

27分に角田が振りきられて中に折り返されたボールをクリスティアンに押し込まれて0-1
その後角田は相手選手とどうでもいい小競り合いからイエローを頂戴・・・何も言う事なし。。次は頼むよ

前半が終わった時、僕は本田に代えて須藤をいれて
グランパスにとって凄く嫌な動きをしていた大宮の桜井を見させたらどうかな?と思っていたのだが
流石にネルシーニョは凄かった。
本田に代えて平林、角田に代えて豊田
角田がさがった右SBに杉本をコンバートする大胆策。

この交代で息を吹き返したグランパスが後半は猛攻を仕掛ける。
8分に中村のCKを終始空中戦で完勝していた古賀がファーサイドで合わせて1-1
その後もゴールライン際まで攻め上がった中谷、杉本がマイナスのボールを中に入れて
点が入りそうな気配が漂い続けていた。

前半と後半。何が良くなっというとサイドがうまく使えるようになった事だと思う。
両サイドバックの積極性もあったし
何より藤田がうまかった
いつもキョロキョロしながら、スペースを探しては顔を出してボールを貰い
受けたボールを動かすのが速い。
多分ボールを貰う前の段階で2手先の事を常に考えてるんだろうな。

藤田が2タッチで裏を狙って出したボールに中谷が走り込んで、折り返すという形が覚えているだけで2回はあった。

後半から出てきた平林、豊田もリズムを作ってくれた。
平林は動きがあってシンプルにプレーできるし、タッチライン際では2人に挟まれまがらもヒールで相手をかわす妙技も魅せてくれた。
体もきれているように見えたし次戦はスタメンで使ったら面白そうだ。

豊田は逃げずに闘ってくれた。あれだけの図体があるんだから
いつもこの試合みたいに体を張らなきゃw
先週練習を見た時にも思ったけど今後はもっと声を出してボールを要求して欲しい。

結局攻めに攻めても追加点をとれずにドローで終わってしまったけど
後半はポジティブな内容だったし
個人的には悪くなかった試合だと思う。

この日の後半にできたサッカーをイメージに残して置いて
次のエスパルス戦に繋げて欲しい。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://korosuke1121.blog26.fc2.com/tb.php/12-a1c1efb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。