Noble Barbarian

チラシの裏的駄文を書き連ねつつ ねっとりと名古屋グランパスエイトを応援するblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュビロにホームで勝つのは実に10年ぶりらしい。
ひょっとして95年のセカンドステージ開幕戦以来か?(小倉、岡山、平野、ピクシーのゴールで4-0で勝った試合)
言われてみれば長いこと瑞穂でジュビロを負かす姿を見ていなかったような・・・

新潟戦に完敗した直後(ケーブルで見るチャンスはあったけど、ちょっと見る気になれなかった★)の試合という事で
優勝戦線に踏みとどまる為にも勝ち点3を取る事が必須だったグランパス。

立ち上がりはジュビロのペース
サイドをうまく使いながらグランパスのゴール前に詰め寄ってくる。
対してグランパスはボールをとっても、すぐに奪い返されてなかなか攻められない時間帯が続いた。

そんな展開の中、何故ジュビロはフィニッシュまで持って行けて
何でグランパスは行けないんだろう?と考えながら見ていた。

一つの原因はくさびのボールかもしれない。
両チームの後ろからトップに当てるボールの精度に大差はない(1本、茶野が中山に凄い良いボールを入れたシーンがあったけど)
どこに差が出てるかというと月並みだが、FWの動きの質かなと。
ジュビロは中山も前田も、空いたスペースであったり2人の連携で作ったスペースでボールを貰っていた。
対して名古屋の陽平ちゃんはジュビロ守備陣の網に引っかかりまくり。
やはり楔がうまく入らないと攻撃になかなか厚みを加える事はできない。
豊田も成長はしているが、先発で活躍するにはまだまだだかな。

ジュビロの攻勢を楢崎の好セーブで堪え忍ぶ時間が続く中
先制点は何とグランパス。
藤田が右前方(グランパスからみた)に出したロングボールを受けた中村が茶野を交わし、左足でニアサイドを破って1-0
得点の9割は中村の個人技によるものだが、簡単に攻めて点がとれたいう事実が大きい。

速攻と遅攻。どこでスピードアップするか。最近ずっと言われ続けている課題。

思えば去年の今頃はウェズレイ、マルケス、海本弟、中谷、中村と直線的な動きをする選手ばかりで
もっとゆっくりボールを回す時間も必要だなんて言われていたけど
今や正反対の注文付けられてるんだから、面白いチームだなグランパスはw

後半も最高の時間帯に本田のスルーパスに反応した中村が川口の股をぬいてゴール。2-0

前半はジュビロが優勢に試合を進めていたが、後半は五分五分に持ち直した。
中盤で相手を捕まえられるようになった事と、積極的にインターセプトを狙っていった姿勢が大きかったかもしれない
結局終わってみれば2-0の完勝。

ウェズレイが退団し、マルケスが帰国する事が決まった時には
7月の日程表を見ながら、これは最悪の結果もあり得るぞなんて戦々恐々としていたけど
2勝3分1負とネルシーニョが目標に掲げていた勝ち点12には1勝分足りなかったものの
優勝戦線に踏みとどまっている状況は考えればまずまずの結果じゃないだろうか

外人がクライトンしかいない中、7月を何とか持ちこたえられたのは藤田によるものが大きい
この試合も古巣相手にボランチのようなポジショニングでチームを牽引してくれた。
6月に練習を見た時は人に対してはあまり守備をしない選手なのかなと思っていたけど
そうじゃなかった。
ファールを取られるくらい厳しく寄せて、ボール奪取に参加したり守備にも労を惜しまぬ献身ぶりを魅せてくれた
オフェンス面でも、ロングパスやサイドチェンジで攻撃に変化を加えてくれた。

これから上位チームを追撃していくにあたって必要なのが得点力
チーム最多得点者が中村の6ゴールでは寂しい。

今週末にいよいよ来日するルイゾンとどこまで連携を高められるか
中断期間中の鹿児島キャンプに注目だ
スポンサーサイト

同じようなサッカーを趣向する両チームの戦いとなったこの試合
内容は悪くないが結果に恵まれなかったグランパスにとって会心のゲームとなった{/face_en/}
審判の不可解な判定に救われた感はあるが、それを差し引いても十分評価に値する
前回のエントリーで長いボールを使えば、もうちょっと攻撃にアクセントがつくんじゃないか
と書いてみたら、この日の先制点は低い位置から出てきたロングパスに本田が反応し、大岩に倒されて貰ったPKだった。

グランパスの攻撃はいつも細かく丁寧に繋ぐポゼッション志向
それ自体は無論間違ってないが、こういったスペースを狙ったロングボールを時折織り交ぜれればもっと攻め手は広がってくるし、トップに楔が入った時に3人目の動きがあるともっと良い
後半にグランダーで前線に当てて、FWが落としたボールをすぐに藤田が前方のスペースにはたいて、そこに3列目からクライトンが飛び込んできてGKと一対一になりかかった良いシーンがあった
藤田はスペースを使うのも創るのもうまいので、2列目以降の飛び出しをもっと使っていったら面白そう

またクロスがあがってきた時にPA内に2人以上入ってくるシーンがこの試合は多くて、それも良い点として書いておきたい。
前半の中村が右サイドから上げたセンタリングを中山が二ア、ファーに藤田がはいってきて惜しいシュートがあった(ボレーをちょっと当て損ねた)、また本田とクライトンが入ってきてシュートまで持っていけた場面もあった。

再開後、試合を重ねる度に攻撃のバリエーションは増えてきている
後は点を獲る為の詰めの部分を練習で仕上げて行って欲しい{/cloud_face/}

守備も良かった
相手が一人少ないことで助けられたのは否めないが
終始安定していた。
キーマンの小笠原を中盤でしっかり捕まえて自由にさせなかったのが大きい。

この勝利を無駄にしない為にも次の新潟戦が重要になる
6月最後の2連戦、ここが踏ん張りどころだ


録画しておいたビデオを今日みた
再開以降段々よくなっていく部分と相変わらず課題として残る部分と垣間見れた意味では
良いゲームだった

自分なりに悪く見えた部分を挙げていくと・・・
まず守備
去年からずっと思っている部分だが、サイドの守備とサイドから上がってくるクロスへの対応と疎さが
最も大きな課題。
大島というターゲットがいる事もあって、マリノスはかなり早い段階でアーリークロスを幾度も放り込んできた訳だが
グランパスのDFはすぐにマークをぼかしてしまう。
縦から入ってくるボールに対してはJ随一の強さを誇るが、横から入ってくるボールに脆過ぎる。
中で相手を捕まえる事もそうだし、サイドでもっと激しくボールを獲りにいっても良いかもしれない。

そしてミスをなくす事(誰が見てもそう思うだろうが)
崩されて失点している場面は最近殆ど無い。自分達のミスから相手にチャンスを与えてしまっているので
注意して貰いたい(この試合はピッチが滑りやすかった事もあるけど)

攻撃面はサイドからクロスを上げた時に中に1人しかいない場面が多い。
最低2人、3人目が入ってくればクロスを上げる方の選択肢も増える。
藤田のゴールの場面を見てもPA内に中山と本田が入っていて、更に藤田が後ろから飛び込んできたからこそ点がとれている

サイドは少しづつうまく使えるようになっているので、詰めの部分でどれだけ人数をかけられるか
それが課題だと思う。
単純にFWを一枚増やす事も考えられるし、スタメンを現状維持するなら本田にもっとゴール前に飛び込んで欲しい。
せっかく良いパスを出しているんだから、足を止めずリターンを貰えるように走れば攻撃に厚みも増すし
本田も今よりもっとゴールも挙げられるはずだ

良かった部分はサイドアタック
中谷、杉本の積極性も光るし、豊スタでみた大宮戦と違って
クライトンがうまくキープしたり、長いボールをいれてくれる
前半に最終ラインからボールを貰ったクライトンがルックアップしてから、右の高い位置に走っていた杉本にボールを通してチャンスになったシーンがあったが、ショートパスを繋ぐのも良いけど
この場面のように長いボールを使うのもサイドに走れる選手が揃っている現在では、攻撃のバリエーションを増やすんじゃないかな

当たり前の事をツラツラと書いてしまったが
良さを出す為にはある程度守備は目をつむっても仕方ないかも
守備のことだけ考えれば杉本の右サイドバックは怖いw
でも攻撃面でツボにはまった時のメリットは大きい。

良いクロスを上げられる訳じゃないが、周りが選択肢を増やしてやれば
あのスピードは絶対に武器になる

あと数時間で鹿島戦を迎えるが
今のグランパスが勝てない相手はJリーグにいない。
自信をもって試合に臨んで貰いたい。今はそれだけだ

待たされた(笑
なかなか発表がないんで、ひょっとして反故にされるのでは?(サンパウロ、リベルタ杯決勝進出だし)
と不安に思ったりしたが、取りあえず安心した。

ルイゾンに対する期待は以前書いたので割愛
リベルタドーレス杯の決勝をJ-SPORTSで見たらまた書きたくなってしまうかもしれんが・・・

そして昨日の清水戦は見てない
これまたJ-SPORTSで中継されたら見るつもり。
試合について云々いうような立場ではないけど、2度のリードを追いついて引き分けに持ち込んだ事は高い評価をしたい

これからマリノス、アントラーズと強豪相手の試合が続くが
選手は自分達を信じて戦い
サポーターはその選手達を信じて応援すれば
自ずと最高の結果は出るはずだ。

現地で観戦してきた。
前回のエントリーで7月は厳しい戦いが続くだろうと書いたが
前半はそういう意味では想定内の内容だった。

前半なぜ悪かったか?
自分が思うに2点あったと思う。
1つは大宮が良かった。
3ラインが凄くコンパクトでプレッシャーのかけ方がうまかった。
ただこのサッカーは90分間絶対に持つ訳がないと思っていたので、そこまで怖くなかったけど・・・
もう一点は名古屋の中盤。
運動量が無さ過ぎた。特に1人の選手が酷くてね。。
こいつは後半は頭から下げなきゃダメだろうと思っていたら、案の定ベンチに退いた。

動きだしが少ないから、1人1人がボールを持つ時間が長くなって
プレッシャーをかけられボールを後ろに戻す。
最終ラインまでもどってきたボールだが、前線の連動性が皆無なので仕方なく縦に蹴って
相手ボールになってしまっていた。

27分に角田が振りきられて中に折り返されたボールをクリスティアンに押し込まれて0-1
その後角田は相手選手とどうでもいい小競り合いからイエローを頂戴・・・何も言う事なし。。次は頼むよ

前半が終わった時、僕は本田に代えて須藤をいれて
グランパスにとって凄く嫌な動きをしていた大宮の桜井を見させたらどうかな?と思っていたのだが
流石にネルシーニョは凄かった。
本田に代えて平林、角田に代えて豊田
角田がさがった右SBに杉本をコンバートする大胆策。

この交代で息を吹き返したグランパスが後半は猛攻を仕掛ける。
8分に中村のCKを終始空中戦で完勝していた古賀がファーサイドで合わせて1-1
その後もゴールライン際まで攻め上がった中谷、杉本がマイナスのボールを中に入れて
点が入りそうな気配が漂い続けていた。

前半と後半。何が良くなっというとサイドがうまく使えるようになった事だと思う。
両サイドバックの積極性もあったし
何より藤田がうまかった
いつもキョロキョロしながら、スペースを探しては顔を出してボールを貰い
受けたボールを動かすのが速い。
多分ボールを貰う前の段階で2手先の事を常に考えてるんだろうな。

藤田が2タッチで裏を狙って出したボールに中谷が走り込んで、折り返すという形が覚えているだけで2回はあった。

後半から出てきた平林、豊田もリズムを作ってくれた。
平林は動きがあってシンプルにプレーできるし、タッチライン際では2人に挟まれまがらもヒールで相手をかわす妙技も魅せてくれた。
体もきれているように見えたし次戦はスタメンで使ったら面白そうだ。

豊田は逃げずに闘ってくれた。あれだけの図体があるんだから
いつもこの試合みたいに体を張らなきゃw
先週練習を見た時にも思ったけど今後はもっと声を出してボールを要求して欲しい。

結局攻めに攻めても追加点をとれずにドローで終わってしまったけど
後半はポジティブな内容だったし
個人的には悪くなかった試合だと思う。

この日の後半にできたサッカーをイメージに残して置いて
次のエスパルス戦に繋げて欲しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。